スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四千円の会

諸君 私はお米が 好きだ
諸君 私はお米が 好きだ
諸君 私はお米が 大好きだ

あきたこまちが好きだ キヌヒカリが好きだ コシヒカリが好きだ ササニシキが好きだ 
はえぬきが好きだ ひとめぼれが好きだ ヒノヒカリが好きだ ミルキークイーンが好きだ ブレンド米が好きだ
秋田で 新潟で 富山で 山形で 北海道で 宮城で 奈良で 茨城で
この日本で収穫される ありとあらゆる お米が 大好きだ

竈にならべた 厚釜の一斉加熱が 沸騰音と共に蓋を 吹き飛ばすのが好きだ
圧力高く炊き上げ られた米が ふっくら した時など 心がおどる

三洋の売り出す 5.5合炊きの 炊飯器で ご飯を炊く のが好きだ
蒸気を上げて 炊き上がる炊飯器から 飛び出してきた芳香を 団扇で吹き飛ばした時など 腹がすくような 気持ちだった

粒をそろえた お米の横隊が 私の口の中を 蹂躙するのが好きだ
空腹状態の 胃袋が 既に 噛み終えたお米を 何度も何度も咀嚼 している様など 感動すら覚える

米食主義の おかず達を蒸籠上に 蒸し上げていく 様などはもう たまらない
泣き叫ぶ子供達が 私の摩り下ろした 大根おろしとともに
グリンピースを 乗せるシュウマイに ぼたぼたと醤油を かけるのも最高だ

哀れな消費者(コンシューマ) 達が 雑多な 炊飯器で 健気にも炊き 上がってきたのを
大食いの チャンピオンが お櫃ごと一心不乱に 完食した時など 絶頂すら覚える
康卵に ぐちゃぐちゃに されるのが 好きだ
必死に混ぜるはずだった 卵黄が蹂躙され 机にこぼされ 汚されていく様は とてもとても 悲しいものだ

残飯の物量に 押し潰されて 残されるのが 好きだ
賞味期限に 追いかけられ 害虫のように地べたを 這い回るのは  屈辱の極みだ

諸君 私は食事を 地獄の様な 食事を 望んでいる
諸君 私に付き従う 大隊戦友諸君 
君達は 一体 何を 望んでいる?
更なる 暴食を望むか? 
情け容赦のない 糞の様な残飯を 望むか?
残り物の 限りを尽くし 三千俵の米(ライス)を食す 嵐の様な晩餐を 望むか?

「夕飯(カレー)!! 夕飯!! 夕飯!!」

よろしい
ならば炊飯だ

我々は満身の 力をこめて 今まさに 握らんとする 握り飯だ
だが この暗い食卓で 半世紀もの間 堪え続けて来た 我々に
ただのお米ではもはや足りない!!

大お握りを!! 
1升5合の大お握りを!!

我らはわずかに 一学級 千円に満たぬ 所持金しかもたない
だが諸君は オッズ100倍の 万馬券だと 私は信仰している
ならば我らは 諸君と私で 総額10万と 1円の 給食費となる

我々を忘却の 彼方へと追いやり 眠りこけている 料理長を叩き起こそう
米の俵をつかんで 引きずり下ろし 釜を開けさせ 炊き出させよう
連中にお米の味を 思い出させてやる
連中に我々の 咀嚼音を 思い出させてやる
天と地とのはざまには 奴らの哲学では 思いもよらない飯が ある事を思い出させてやる
一千円の圧力釜の 炊飯器(中古)で ご飯を炊き尽くしてやる



色々とグダグダになった。

そして最後までパロれなかったorz

そして想像以上に疲れた(;´Д`)

長すぎる小ネタの後に短すぎる本編をどうぞ。
主に昨日の話を箇条書きで。

・おにくさんの業務委託(5000円分)
 報酬はコーヒーと(ある意味札束)
・みんな持ってる誰かさん用カード(年増除外)
・ミドリイロノフンマツ
・薙の人が職を生贄に彼女を召喚
・上月慎也の彼女の話(フィクション)
・※システム開発の話です。
・肉は取皿へ
・こうだくむ


あとはVer.3.5のカードを色々もらいました。

大戦の話はまた今度。
スポンサーサイト

テーマ : 日記
ジャンル : 日記

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

上月慎也

Author:上月慎也
気力・体力共に無し。
生きるのが厳しいお年頃。

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。